1. ホーム
  2. 税金相談
  3. 税金用語集

課税最低限

課税最低限とは

個人の所得に対して課税される所得税と住民税は、収入から各種の控除を差し引いた課税所得に税率をかけて計算する。このときの控除を合計した金額が課税最低限。その年の収入が課税最低限より低ければ所得税、住民税はかからない。2004年現在の課税最低限は、夫婦と子ども2人(うち1人は特定扶養親族)の場合、所得税が325万円、住民税が270万円。諸外国に比べて水準が高いため、引き下げ(増税)が議論されている。