1. ホーム
  2. 税金相談
  3. 税金用語集

居住用財産の買い換え特例

居住用財産の買い換え特例とは

売却により生じた譲渡所得のうち、次の買い換えに充てた金額分は次の買い換えまで 課税が繰り延べできるという特例のこと。売却する住宅には、「父母や祖父母から相続または遺贈された」「本人が30年以上住んでいる」「3000万円特別控除が受けられる条件を満たす」などの要件が課せられる。なお、この特例を使うと、「3000万円特 別控除」「住宅ローン控除」は使えない。