1. ホーム
  2. 税金相談
  3. 税金用語集

住宅取得資金贈与の特例

住宅取得資金贈与の特例とは

父母や祖父母のいずれかから住宅取得、増改築、買い換え、建て替えのための資金を援助してもらう時には、550万円までが無税、1500万円までなら大幅に贈与税の負担の軽減が受けられる特例のこと。ただし、この特例を受けた翌年から4年間は、同一の人に他の財産の贈与があった時には、110万円の基礎控除以内であっても贈与税がかかる。平成15年度より新たに作られた「相続時精算課税制度」との選択となる。