1. ホーム
  2. 税金相談
  3. 税金用語集

贈与税

贈与税とは

年間110万円を超える現金や不動産などの財産を、個人から無償で貰った時に課税される国税。この個人の中には、他人に限らず親子や夫婦間の贈与も含む。税額は、1年間にもらった財産を合計した価額から110万円の基礎控除を差し引いた課税価格に対して、超過累進税率を掛けて計算する。不動産の価格は相続税評価額。マイホームにかかわる贈与については「住宅取得資金贈与の特例」や「配偶者控除の特例」がある。