1. ホーム
  2. 税金相談
  3. 税金用語集

相続時精算課税制度

相続時精算課税制度とは

65歳以上の親から20歳以上の子に贈与する場合に、通算で2500万円までの贈与について贈与税が非課税となり、それを超える部分に一律20%の贈与税がかかるという制度。将来、相続が発生した時点で、相続財産に贈与額を合算して相続税の形で精算する。住宅取得資金の贈与を受ける場合は、親の年齢制限がなくなり、贈与税の非課税枠が3500万円にアップする特例も利用できる(2005年12月31日までに住宅を取得する場合)。住宅購入等のため、親から資金援助を受けた場合、この特例または「住宅取得資金贈与の特例」のどちらかを選ぶことができる。